ビタミン豊富な「大地のりんご」、じゃがいも

主食にもなるじゃがいもですが、ビタミンC、B群が豊富でフランスでは「大地のりんご」と呼ばれているそうです。特に注目したいのが、免疫力を高め老化予防が期待されるビタミンCです。含有量はりんごの約6倍で、でんぷんに包まれているため、保存や加熱によって壊れにくいという優れた特徴があります。品種改良が行われているからか、ビタミンCに関して昔よりもかなり増えているそう。もっとも身近な美容野菜と言われているのも納得です。そして、様々な品種があり、品種それぞれに味わい、香り、食感が異なります。

 

 

一部ですが、HenoHenoで取り扱っているじゃがいもの品種とその特徴をご紹介します。

レッドムーン:
赤い表皮に黄色の果肉があざやかな見た目が特長です。歯切れのよい食感や軽いのど越しが味わえます。甘みが強いので、アンチョビやチーズなど強い塩味とも相性が良いです。

ながさき黄金:
インカのめざめを改良した品種。インカのめざめの果肉の黄色さと強い甘みといった特性を活かされています。ホクっとしていて甘みがあり、じゃがバターにしても美味しいです。

デストロイヤー:
正式名はグラウンド・ペチカといいます。深みのあるコクと味わい、粘りのある肉質は栄養価が高く、甘みが強いです。煮崩れしにくい特長があるため、肉じゃがやカレーなどにもおすすめです。

シャドークイーン:
目が覚めるような紫色の果肉が特長。アントシアニン色素を既存品種より約3倍含んでいるとのこと。加熱しても果肉の紫いろがしっかりと残ります。ポテトサラダやスープにするとキレイな色味を活かすことが出来ます。

インカのひとみ:
いんかのめざめの妹的な品種。完熟期に煮込むとトロリとろける食感が素晴らしい、とってもクリーミーです。クリームシチューなどに相性ぴったりです。

 

 

 

けんぶちVIVAマルシェの高橋さんが育ててくれました!堆肥を入れて、土を肥沃し、根を伸び伸びと育てることにこだわって育てられているそう。芽が出てから農薬を使用せず、安心安全を心がけ、味を重視しして栽培されています。そして、有機肥料を使用することを心がけていらっしゃいます。高橋さん、いつもありがとうございます。

本日より新発売!是非お試しください。

 

 

じゃがいもフライドポテト用お得パック

 

 

じゃがいもカットお得パック

Instagram : henoheno_fruits
Facebook : henohenofruits